訪問診療

在宅訪問診療とは

在宅訪問診療は病院への通院が困難な方のお住まいに医師がうかがって診察をおこなうものです。定期的かつ計画的に診察にうかがって体調管理を行う「訪問診療(定期的な訪問)と、体の具合が悪くなった時に患者さまの求めに応じて訪問する「往診(臨時の訪問)」とがあります。

「訪問診療とは」

訪問診療

お一人で通院が困難な患者様のお宅に定期的に医師が診療にお伺いし、あらかじめ立てた計画に沿って診察を行うものです。
訪問診療のメリットは、診察の場所が住み慣れたご自宅であることです。体調の悪いご高齢の方が病院に移動し時に数時間待つのは大変なご負担です。
患者様のご病状に合わせて週に1回もしくは2週間に1回など訪問のスケジュールを調整させていただきます。
さらに、連携病院・ケアマネジャー・訪問看護・訪問調剤・訪問介護・訪問リハビリテーションの関係機関各所と連携し、チームでご自宅での療養生活を支えます。

「往診とは」

houmon-02

定期的に伺って診察するのが訪問診療であるのに対して、往診は突然具合が悪くなった場合にお住まいに伺って診察することです。「転んでケガをした」「急に息苦しくなった」「熱が出た」といった連絡をいただいた際には状態に応じて24時間365日緊急往診をいたします。自宅療養を安心して続けていただけるように対応いたします。

少しでもお悩みの点があればまずはお気軽にご相談ください。
ご相談も24時間受け付けております。